給湯器の水漏れ修理は専門業者に依頼する

給湯器の水漏れ修理は専門業者に依頼する 手軽に温かいお湯が出る給湯器を利用しているといつでもお湯が出ることに慣れてしまいます。そんな便利な生活を続けているときに蛇口をひねってもお湯が出ずに冷たい水が出るようなトラブルが発生すると慌ててしまうものです。この故障の原因が水漏れによるものだとわかれば修理をする必要があります。しかし、給湯器の場合にはどのような対応を行えばよいか専門業者でなければわからないことも多いです。修理で対応できる場合や給湯器の交換による買い替えが必要な場合など、状況により的確な判断をしてもらう必要があります。特にガスを利用した給湯器ではガス漏れなどの心配もしなければいけないため、自分で簡単に直そうと思わないようにした方が安全です。

■水漏れのときには点検と修理

給湯器 修理の原因は水漏れだと外見からわかる場合でも、自分たちで行わずに専門業者に確認をしてもらいましょう。内部では深刻な状態になっていることもあるので、専門業者でなければわからない故障になっていることがあります。水漏れの修理を行えば水が漏れる状況は改善しますが、給湯器自体が以前のように利用できるかはわからないものです。そのため専門業者にしっかりと点検も行ってもらう必要があります。また、内部の状況によっては使用の確認も専門業者が行う必要があります。安全を配慮すれば当然の行動ですがそこまでやってくれる専門業者に依頼することで安心に繋がります。

■給湯器の寿命も考えよう
お湯が出ない状況が水漏れが原因でも長く利用している給湯器になるとそのまま使用することは危険だと判断されることがあります。給湯器の寿命は、7年から10年ほどと言われているので、この使用年数を超えている場合には、修理を行っても他の場所に負担がかかり故障するリスクがあります。そのため給湯器自体の交換を行う必要があります。また、利用している環境や設置場所そして使用頻度により寿命にも変化があります。長く利用している場合には、給湯器本体の買い替えが必要なことも考慮しておきたいものです。特にガスを利用している場合にはガス漏れの危険もあるので必要な対応になります。

■水道の蛇口のトラブル

給湯器の水漏れのトラブルでは水道の蛇口が原因の場合があります。給湯器が新しいものや使用年数が経過していない場合でも、古い水道の蛇口のつまりが原因で水漏れ等が発生することがあります。そのため給湯器本体よりも水道の蛇口などの水回りについてしっかりと修理を行わないといけない場合があります。水道の蛇口であれば自分たちで交換できると甘く見ないで専門業者に依頼する必要があります。給湯器に直結しているため給湯器自体に影響を与える可能性も考慮しなければなりません。トラブルを予防するためには定期的に点検を行ってもらう必要があります。安全が確認できないまま給湯器を使用することは非常に危険な場合もあります。蛇口などの交換だけで終了しないようにしたいものです。

■まとめ
給湯器 修理は、水漏れの場合でも水道の蛇口と同じように対応することは危険です。電気やガスを利用しているためどのような影響を給湯器が受けているかわかりません。また、使用年数の寿命もあるので、長く利用している場合には本体の交換も必要になります。専門業者にしっかりと確認をしてもらいどのような対応をすれば良いかアドバイスを受けることが大切です。給湯器につながっている水道の蛇口からの水漏れであっても給湯器の本体にどのような影響を与えているかわかりません。専門業者に確認をしてもらうことが安全に給湯器を利用できることに繋がります。特にガス漏れなどのトラブルが発生しないように対応する必要があります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース